伝統的工芸品産業支援補助金
 2022.01.15

▼概要
本補助金制度は「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」の規定に基づき経済産業大臣が指定した工芸品の組合、団体及び事業者等が実施する事業の一部を国が補助することにより、伝統的工芸品産業の振興を図ることを目的としています。

各産地における伝統的工芸品の、原材料確保対策事業、若手後継者の創出育成事業のほか、観光業など異分野や他産地との連携事業、国内外の大消費地等での需要開拓などに対して支援を行います。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

くるみん助成金
 2022.01.15

▼概要
助成要件を満たしている中小企業事業主が、助成を受ける年度において「中小企業子ども・子育て支援環境整備事業」を実施する際に、その実施に要する経費を対象に女性労働協会が支援する助成金です。

▼詳細
「一般財団法人女性労働協会 くるみん助成金事務局」
詳しくはこちらへ

経営・事業に資する知財情報の活用
 2022.01.15

▼概要
工業所有権情報・研修館(INPIT)では、知財とビジネスが無料で学べる、知的財産オンライン学習ツール「IP ePlat」にて、「経営・事業に資する知財情報の活用に向けてCEATEC2021)」などのわかりやすく学べる教材をリリースしております。

▼詳細
「独立行政法人 工業所有権情報・研修館」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ

持続化補助金(一般型)
 2022.01.01

▼概要
持続化補助金は、小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。
この制度は、商工会、商工会議所のサポートを受けながら経営計画書、補助事業計画書を作成し、審査を経て採択が決定された後、所定の補助を受けます。

▼詳細
「経済産業省 ミラサポ」
詳しくはこちらへ

ものづくり・商業・サービス補助金(PDF)
 2022.01.01

▼概要
新製品・新サービス開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資及び試作開発を支援します。
あるいは、新型コロナウイルスの感染拡大が継続している中で、社会経済の変化に対応したビジネスモデルへの転換に向けた前向きな投資を支援します。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

電子帳簿保存法の改正(令和4年1月1日施行)
 2022.01.01

▼概要
電子帳簿保存法は、国税関係帳簿や国税関係書類(決算関係書類・取引関係書類)について、従来は紙文書での保管が義務付けられていたものを電子データによる保存を認める法律です。
今回の改正で保存要件の大幅な緩和がなされ、これまで以上に帳簿書類を電子化しやすくなると考えられています。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ

大人の武者修行
 2021.12.15

▼概要
「大人の武者修行」は貴社の次代を担う経営人材を優良企業の職場に送り、一緒に汗をかきながら働くことを通じてサービスイノベーションの極意を学び取る、新しいタイプの社会人インターンシップです。
「武者修行者」が持ち帰る、優れた企業のDNAやサービスビジネスの極意が、貴社の風土を変える可能性があります。

▼詳細
「サービス産業生産性協議会」
詳しくはこちらへ

ECの始め方(中小機構動画)
 2021.12.15

▼概要
EC(electronic commerce)とは、電子商取引と訳され、インターネット上でモノやサービスを売買すること全般を指します。「インターネット通販」や、「ネットショップ」といった、今日ではごく普通に使われている言葉を総称したものがECです。
コロナ禍が小売業の在り方にも影響を及ぼす昨今、独立行政法人中小企業基盤整備機構では、新たにECを始める方向けに必要なノウハウをまとめた動画を紹介しています。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

障害者雇用の事例集
 2021.12.15

▼概要
障害者の雇用管理や雇用形態、職場環境、職域開発などについて事業所が創意・工夫して実践している取組を、テーマ別にとりまとめて紹介した事例集です。

▼詳細
「独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ

改正個人情報保護法、22年4月から全面施行
 2021.12.01

▼概要
2020年6月に公布された令和2年改正個人情報保護法が2022年4月から全面施行されます。改正目的は「個人の権利利益の保護」、「技術革新
の成果による保護と活用の強化」、「越境データの流通増大に伴う新たなリスクへの対応」「AI・ビッグデータ時代への対応」などで、個人情報が多様に利活用される時代になり、リスク対応が急務になっていることが背景にあります。事業者が守るべき責務が拡大され中小企業も例外ではありません。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

人材育成オンライン相談窓口(無料)
 2021.12.01

▼概要
中小機構では人材育成に関する悩みに無料で相談できるサービスを開始しました。
(1) どのような人材育成の方法があるのか。
(2) OJT、Off-JT、eラーニングなどを聞くがどれが自社にふさわしいのか。
(3) テレワーク中でも可能な人材育成方法があるのか。
(4) こんなテーマの研修はあるのか。
(5) 研修受講料への公的な補助制度はあるのか。
(6) 自社の人材育成計画をどのように作成し進めていけばよいのか。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

年末調整がよく分かる!(国税庁)
 2021.12.01

▼概要
事業主は従業員に給与を支払う際、「源泉徴収税額表」に基づく所得税額を給与から源泉徴収して納付することになっていますが、その源泉徴収をした税額の合計額とその人の納めるべき年税額とはほとんど一致しません。

税額が一致しない理由
(1) 源泉徴収税額表は、年間を通して毎月の給与の額に変動がないものとして作られているが実際は年の中途で給与の額に変動があるため。
(2) 年の中途で扶養親族等に異動があっても、その異動後の支払分から修正するだけで、さかのぼって各月の源泉徴収税額を修正しないため。
(3) 配偶者特別控除や生命保険料、地震保険料の控除などは、年末調整の際に控除することになっているため。

この不一致を精算するのが年末調整で、1年間に徴収した源泉徴収税額と年税額との過不足額を計算して、その差額を本人から徴収又は還付します。
年末に行うことから「年末調整」と呼ばれています。


▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ

事業再構築補助金 第4回公募
 2021.11.15

▼概要
ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために、新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

カーボンニュートラルに関するオンライン相談窓口(無料)
 2021.11.15

▼概要
独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業・小規模事業者の方々を対象に、カーボンニュートラル・脱炭素化の実現に関する相談について無料でお答えする相談窓口を開設しました。
省エネルギー対策の情報提供や環境経営に関するアドバイスも行います。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

WEBee Campus(ウェビーキャンパス)
 2021.11.15

▼概要
WEBee Campus(ウェビーキャンパス)は、職場にいながら受講できる中小企業大学校の新しい研修スタイルです。
研修はWeb会議システムを利用しリアルタイムの双方向通信で行います。
少人数制のオンラインゼミナールや動画教材を通じて、中小企業で活躍する人材を実践的に育てます。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ

中小企業デジタル化応援隊事業
 2021.11.01

▼概要
「中小企業デジタル化応援隊事業」は、デジタル化・IT活用に悩む全国の中小・小規模事業者と、フリーランスや兼業・副業人材等を含めたIT専門家をつなぎ、専門的なサポートを充実させる事業です。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

知的財産権制度説明会(初心者向け)オンライン
 2021.11.01

▼概要
本説明会では、これから知的財産権を学びたい方、企業等において知財部門に新しく配属された方などの初心者を対象に、特許庁の産業財産権専門官が知的財産権制度の概要を中心に、各種支援策や地域におけるサービス等をわかりやすく説明しております。

▼詳細
「独立行政法人 工業所有権情報・研修館」
詳しくはこちらへ

サポインマッチナビ
 2021.11.01

▼概要
サポイン(戦略的基盤技術高度化支援事業)は「Supporting Industry」の略で、中小企業・小規模事業者が大学や公設試験研究機関、他の企業などと共同で我が国産業を支えるものづくり基盤技術の高度化に向けた研究開発や試作品開発、販路開拓などの取組を支援するものです。
最大3年間、合計で9,750万円の補助金を受けることができます。
サポインでは、日本のものづくりの「競争力強化」と「新たな事業の創出」を目指しており、これまで2,000件を超える中小企業・小規模事業者による研究開発プロジェクトを支援しています。


▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ

IT導入補助金(4次締切分)
 2021.10.15

▼概要
・通常枠(A・B類型)
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

・低感染リスク型ビジネス枠(特別枠 C・D類型)
新型コロナウイルス感染症の流行が継続している中で、ポストコロナの状況に対応したビジネスモデルへの転換に向けて、労働生産性の向上とともに感染リスクに繋がる業務上での対人接触の機会を低減するような業務形
態の非対面化に取り組む中小企業・小規模事業者等に対して、通常枠(A・B類型)よりも補助率を引き上げて優先的に支援するものです。

▼詳細
「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」
詳しくはこちらへ

共同・協業販路開拓支援補助金(第4回)
 2021.10.15

▼概要
地域振興等機関が中心的な役割を担い、複数の中小企業・小規模事業者の商品・サービスの販路開拓を支援する取り組みを支援し、地域の雇用や産
業を支える中小企業・小規模事業者の商品展開・販売力の向上を図る事業です。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

価格交渉サポートセミナー(オンライン講習会)
 2021.10.15

▼概要
発注側企業と価格交渉を行って労務費や原材料費上昇分の転嫁を進めたいが、その方法がわからないという受注側企業向けに、価格交渉力を強化す
るためのノウハウや方法に関する講習会を開催いたします。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ

ちょこっとゼミナール
 2021.10.01

▼概要
「ちょこっとゼミナール」は 小規模事業を営む方やこれから起業する方を対象とした簡単な経営講座です。
ちょっとした休息時間を使って学べるよう、どの講座も10分程度にまとめてYouTubeに公開しています。

・ビジネスの悩みを10分で解決
・著名経営者の言葉に学ぶ
・起業前に知っておくこと
・地域の魅力をビジネスチャンスに

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

拒絶されない商標出願をするための出願支援ガイド
 2021.10.01

▼概要
近年、商標出願件数は増加しており、内国人出願における中小企業の割合は6割以上を占めます。そうしたユーザーの出願の中には、あらかじめ知
っていれば防げたはずの拒絶理由につまずいてしまうケースがあります。
そこで、そのようなつまずきをなくし、円滑な権利取得のための一助としていただくため、本ガイドを作成しました。

▼詳細
「経済産業省」「特許庁」
詳しくはこちらへ

事業承継・引継ぎ補助金(経営革新)
 2021.10.01

▼概要
事業承継やM&A(事業再編・事業統合等。経営資源を引き継いで行う創業を含む。)を契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を後押しするため、「事業承継・引継ぎ補助金」による支援を実施します。以下のような方にお勧めです。

・新しい商品の開発やサービスの提供を行いたい
・新たな顧客層の開拓に取り組みたい
・今まで行っていなかった事業活動を始めたい

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ

既存建築物省エネ化推進事業(補助金)
 2021.09.15

▼概要
本事業は、建築物ストックの省エネルギー改修等を促進するため、民間事業者等が行う省エネルギー改修工事や省エネルギー改修工事に加えて実施するバリアフリー改修工事に対し、国が事業の実施に要する費用の一部を支援するものです。

▼詳細
「既存建築物省エネ化推進事業評価事務局(国土交通省)」
詳しくはこちらへ

重要情報の守り方、教えます。専門家無料派遣
 2021.09.15

▼概要
三菱総合研究所(MRI)では、経済産業省からの受託事業「産業競争力強化法に基づく技術情報管理認証制度の普及促進に向けた調査分析及び専門
家派遣等事業」の一環として、技術情報管理を進めようとする事業者の皆さまに、情報管理の具体的な方法のアドバイスや、認証取得申請の支援を
行う専門家を派遣いたします。

▼詳細
「株式会社三菱総合研究所」
詳しくはこちらへ

中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業(無料)
 2021.09.15

▼概要
「育休復帰支援プラン」は、中小企業が、自社の従業員の円滑な育休の取得および育休後の職場復帰を支援するために策定するプランです。
「介護支援プラン」は、介護に直面した従業員の状況・希望を踏まえて事業主が作成する、仕事と介護が両立できる働き方を支援するためのプラ
ンです。
これらのプランをスムーズに導入するために、専門のプランナーによる無料支援が受けられます。


▼詳細
「厚生労働省」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ

感染症や自然災害へ備えるための事業継続力強化
 2021.09.01

▼概要
中小企業者に対して、新型コロナウイルス、自然災害等の事前の対策の知見をもつ人材によるオンライン型の実践セミナーの実施、専門家を派遣
するハンズオン支援を通じて新型コロナウイルス含む感染症や自然災害等へ備えるための事業継続力強化計画策定をサポートします。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

虎ノ門オンラインアドバイス(商品評価・販路開拓) 無料専門家支援
 2021.09.01

▼概要
With/Afterコロナを見据えた商品開発・改善の促進や販路開拓、自社の販売力強化を目指す事業者を対象に中小機構の専門家がコーディネートし、
各分野のアドバイザーが商品評価や販路開拓等に関するお悩みを伺います。
課題解決に向けたワンポイント・オンラインアドバイスを無料で行います。(1回45分)

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

感染症や自然災害へ備えるための事業継続力強化
 2021.09.01

▼概要
中小企業者に対して、新型コロナウイルス、自然災害等の事前の対策の知見をもつ人材によるオンライン型の実践セミナーの実施、専門家を派遣するハンズオン支援を通じて新型コロナウイルス含む感染症や自然災害等へ備えるための事業継続力強化計画策定をサポートします。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ

先進安全自動車(ASV)の導入に対する支援
 2021.08.15

▼概要
国土交通省では、ASV装置を搭載した事業用の車両を購入等する場合、ASV装置購入に係る費用の2分の1の補助を実施しております。
補助対象車両は、令和3年4月1日以降に購入した車両となります。

▼詳細
「国土交通省」
詳しくはこちらへ

事業再構築補助金 第3回公募
 2021.08.15

▼概要
ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために、新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

ものづくり・商業・サービス高度連携促進事業(補助金)2次公募
 2021.08.15

▼概要
本事業は、複数の中小企業・小規模事業者等が連携して取り組む、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資や幹事企業が主導し、中小企業・小規模事業者等を束ねて面的に生産性向上を推進する取組等を行う事業を支援するものです。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ

ESGリース促進事業 補助金制度
 2021.08.01

▼概要
環境省が定める基準を満たす脱炭素機器をリースにより導入した場合、当初リース契約期間の総リース料(消費税及び再リース料を除く)の4%以下の補助金を指定リース事業者に対して交付します。
リース先は中小企業、個人事業主等とされています。

▼詳細
「一般社団法人環境金融支援機構」
詳しくはこちらへ

インボイス制度(令和3年10月1日~登録申請受付開始)
 2021.08.01

▼概要
令和5年10月1日から、消費税の仕入税額控除の方式としてインボイス制度が導入されます。適格請求書(インボイス)を発行できるのは、「適格請求書発行事業者」に限られ、この「適格請求書発行事業者」になるためには、登録申請書を提出し、登録を受ける必要があります。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ

中小規模事業者のための脱炭素経営ハンドブック(環境省) PDF
 2021.08.01

▼概要
環境省では、「令和 2 年度 中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業」において、SBT または SBT に準じた中長期目標を設定している中小企業から 8 社を採択し、各社に対し主要事業所への訪問を交え、削減計画の策定・再生可能エネルギー調達手段の検討・設備導入のための資金計画立案等について支援を実施しました。
このハンドブックはモデル事業で得られた知見を踏まえて、中小企業における中長期的な削減計画の検討の進め方を整理したものです。

▼詳細
「環境省」
詳しくはこちらへ

経営お役立情報のトップへ